FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点・線-

点


宇多田ヒカル「点」と「線」(EMI Music Japan)

知ってる人もいると思うけれど、「点」がエッセイとインタビューをおさめた本で、「線」がブログ本。
「点」(エッセイとインタビュー)のほうをぐりぐり読んでます。

なんか、もう、全部超えちゃってるかんじ。
彼女は、タレントとしての歌手じゃなくて、アーティストとしての歌手だっていうのが感じられる。
(タレントをバカにしてるわけじゃなく)
芸術家であり哲学者でもある、みたいな。
達観してる。

この本読んで、宇多田ヒカルに触れると、
無闇に臆病になる必要はないよなあ、そうだよなあ、という気になります。
転んでも、「あはは、転んじゃったよ。なにこれ、ちょう面白い!」みたいな。

あと、何か創作したくなります。
詩でも、音楽でも、絵でも何でもいいから、じっと、頭の中見つめて、
「そこにもとから完成してあるはずの」何かを掘り出したくなります。


宇多田ヒカル、写真によって、オセロの中嶋さんにも、井上和歌にも見える


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

吉良 林檎

Author:吉良 林檎
本と紅茶、料理にお菓子。

こんまり、楽しい日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。