FC2ブログ

7.31

タピオカ杏仁マンゴージュース

ホテルで飲んだ「タピオカ杏仁マンゴージュース」。ちょっと、盛り込みすぎじゃない?(笑)

杏仁とマンゴーというまったくかすりもしないふたつをどうやって合わせたんだーって気になって飲んでみた。

どっちの味が勝ってんだろ、って思ったら杏仁もマンゴーも同じ比率で感心しました。


味はマンゴー寄り。

香りの調合が絶妙だったってこと?

うんうん、香りが杏仁とマンゴーと同時にくるかんじ。

交互じゃなくて同時。


スポンサーサイト



訪問

学園の宴015

学園の宴015

イメージダウンだぜ

ローマ

ローマ人の物語、「パクス・ロマーナ」を読み終わり「悪帝の時代」に入りました。

初代皇帝アウグストゥスの治世が終り、2代目皇帝ティベリウスの治世へ。

文化が栄えて経済的に発展したから独身者が増えるだなんて、現代にも通じてる。

生活に困らなければ、人って束縛から逃れたいものなのかしら。


古代ローマの生活。

どんどん資料を集めたいな。

当時の知識人や政治家より中・下流階級の生活のほうが身近で面白いです。

人が生活していくために這いつくばって苦しんでる姿って、愛おしくなりませんか?

て、なんか高みからの意見になった(笑)


文庫でポンペイに関する本を買ったのですが想像していたのと違いました。

庶民が残したポンペイの壁の落書きを集約した本なんですけれども、著者が同じようなことばかり述べててページ数の割りに内容が薄い……。

考察らしい考察がされていなくて、「こう、もっとローマの情報を論理的にくれっ!」てなります。

新しくローマの本を探しているところです。

7.30

ほあー。

休みたい。


ZA・N・GYO・U


ひと仕事終わった後にもうひと仕事待っているという。

時間が足りない。

でも、忙しいとすごい充実感。いいことです。

このまま走りきりたい。



食卓にスイカがのぼるようになりました。

3玉もあります。

母「会社に持っていけば」

二宮尊徳のように背負っていけと。


7.29

仕事で妙に疲れを感じる……気持ちは充実してるはずなのに帰宅したらくたくたで動けない、この疲労感は何、と考えてみたらどうやら靴が悪いようです。

足が尋常じゃなく痛くて。

仕事場で私が使ってるのはクッション性のない固い靴。

そういえば隣の部署で研修してるとき借りてた専用の靴はやわらかくて疲れにくかったなって思って。

近々絶対に買いかえよう。




春ごろから不整脈がでるようになった。

脈がとぶんです。特に夕方。

小さい頃からときどきでてたけど最近毎日。

先週、仕事で健康診断があったんで「不整脈みたいなんですけど」って言ったら先生が軽く脈をはかって「このぐらいだいじょーぶだいじょーぶ」って軽快に言われて「いま、乱れてねーし」って内心講義したけど言えなかった。

脈がとぶとき、感覚があるんですよ。息がムハッて止まるっていうか。

で、喉に手をあてたら、本当に一拍とんでるの。

とびすぎて血の気が引くこともあるんですけど、病院にいくほど深刻ではない気がして。

健康診断の心電図でも脈のこと言ったけど、そのときも調度とんでなかったしなー。

知り合いには「ストレスじゃない?」って言われたけど私はそんなストレス感じてないし、本当にストレスたまってても体調に影響があったことなんてなくて。

ストレスではない気がするんだよなー。ていうかストレスが溜まると蕁麻疹がでます。

どうにかならないんでしょうか。



7.28

電車の窓越しにみた弾ける球形の花火が美しかった。

今日は花火大会だったのです。

それゆえに残業が長引いてクタクタの仕事帰りだったんですが、窓越しの花火があまりに綺麗でホッと一息ついた気分。

足がむくんでるけど。

出張中のご飯2

ホテルのご飯その2。

最後の方は疲れでご飯が喉を通らなくなって、お腹壊した。

帰ったらすぐ治った。




机周り

氷水とウォークマン。

夏の夜、湿気でぼやけた空気を吸うと「生きてる」という幸福感を感じる。毎年!

ここの本棚が半分埋まりました。

全部埋まったらどこに本を収めればいいんでしょうか。


文庫で湊かなえの『少女』を読み終わったばかりのところ。

読み終わったところに『贖罪』が文庫化されてて「うああ、読みたい」ってなったけど他にまだまだ手をつけてない本が沢山あるので保留にしました。

湊かなえは因島(尾道)の出身なんだよー。

7.26

まぁ、無理せず。

昨日みたいな日もある。

付け足しとかじゃなくて、昨日みたいに人と外で遊ぶのも新鮮でよかった(あ、こう書くと付け足しっぽい! 違う!)


毎日を静かに暮らすために、気持ちの建て直しをはかる。

実際には悩み事なんて何もないけど、浮いたり沈んだり、ちっちゃな事に気持ちを動かすことで日々をちんまりと彩ろうとしているのかも。

昨日みたいな気分の時こそ部屋の静けさを味わえるから、ああいうのも好きなんだと思う。



無意識のうちに自分の思い込みの価値観で動いていて、それば別に悪くないんだけど、

純粋に好きなことを楽しんでいる人を見て「あ、そうやってもいいんだ」って感じる瞬間に開放感を感じる。

それで、「私もひとつずつ好きなことを片付けていこう♪」ってワクワクする。

やりたいこと、本当は沢山あるんだよ。




フランスの方との接触、無理やりつなげようとするのはやめにしました。

こっちからちょこちょこメールしてたんだけど、そのタイミングも流れにまかせようって。

もの珍しい気持ちがどこかにあったのかもー、ってベッドの上でぼんやり感じて。

本当に縁があれば、無理しなくてもきっと続くよ。

7.25

※ネガティブ注意





広島の市内に会社の人と4人で買い物です。

管理職お姉さんの誕生日プレゼントを買いに。

ほんと、この人たち仲がいいなと感心してしまう。よくも悪くも。

誘ってもらえたのがとても嬉しい。

正直、心の底で「一応メンバーに入れてもらってる」って安心した。

楽しかったけど、すごく疲れた。



仲がいいのはいいことだ。

会社によっては派閥があるらしいけど、そういうのはない。

仲良しグループでミスをかばいあうのはどうなの、って思うけど。

「え、そこは叱らないと」

って下っ端の私はこっそり思うけど絶対言えない。

笑って許しちゃいかんだろ、と思うけど言えない。


あと、仲良しグループに馴染めなかった場合苦しい。

その人が善いとか正しいとかじゃなくて、ただの相性なんだなって最近つくづく思います。

派閥はないけど馴染めているかというと微妙。



ひとり遊びにこだわる私は、会社の仲良しグループの「呑み会」系の遊び方がとても苦手です。

ワーッて騒ぐけどその場だけの言葉の掛け合いっていうのがどうも苦手で。

他の部署の人の噂話みたいな会話もチラッと出てくるんですけども、そういう部分に敏感に反応してしまって怖くなったり。

もう、ただの笑い話でも「なんて下世話なこと言うんだろう」って嫌になってしまう。

こんなところでチクッと言われてるだなんてあの人知らないんだろうなって思うと私のことじゃないのに傷ついてしまって疲れます。

気にしぃで損な性格だと思います。




その人のこだわりというか、美学みたいな、深い部分をじっくり聴くのが好きです。

でも、そういう話って面倒臭がられる。

その人の心の癖みたいなのを見つけるのが好きなんですけど、呑み会の席でじっと見てると

「テンション低いね」

って言われちゃうorz

騒ぐの本当に苦手なんだよー。

でも、置いてけぼりはもっと嫌だ。

もともと私は相手にされてないのでただのダサい奴です。

ついていかないと置いていかれるだけです。



誰かが人には「組織欲がある」って言ってた。

人は何かしら組織に所属したいんだって。

所属することで安心するんだって。共感できる場所があるとね。

私はもう人里はなれた場所で隠遁生活をしたいです。本当に。





そもそも、私のいらないこだわりのせいかも。

あんまり同じメンバーで楽しそうにしてる人たちを見ると「何つるんでるんだろう」って見方をしちゃうんですよね。

どんなに関係を育てもそのメンバーが永遠に続くわけじゃないのに、もたれかかりすぎじゃない?って。

こういう考え方って「個性を大事に」的な育て方をされたゆとり世代のけっこう現代っ子の特徴なのかも? とか思いますけども全員がそういうわけじゃないから実際はどうなんでしょう。

でも、多い気がする。

私としてはそこだけで許される関係に安心しきってると新しい環境で苦労しないのかな、とか考えちゃうんですけども。

でも、どっちみち私も新しい環境になるたびにオタオタしてるのであんまり変わらないか……。

私の方が人間関係に向き合えていないのかも。警戒しすぎなのかも。



っていうことをいちいち考えるのでネガティブです。

疲れました。

限られた人以外一緒にいても手放しに楽しいって思えないのが自分の喜ばしくない点だと。

仕事仲間との付き合いになると大なり小なり誰にでもある感情なんだろうけど、おおげさにとらえる自分も弱っちくてなんとも。

お台場のイメージキャラはピカル

白鳥美麗

弟に、

「お台場だよ\(^0^)/」

って白鳥美麗の写メを送ったら

「え、一人で?」

って返ってきた。






うんこ

うんこくん



しらほしのパイオツ……を載せたかったけど見知らぬ人の頭が堂々と写っていたので下げ。




めちゃイケ

めちゃいけ




はちたま

はちたま



番組「ぺけ×ぽん」のセット

ぺけ×ぽん

3分の1の速さで回転。

それでも、けっこう速かった。耳がブンブン鳴った。

銀座の人と趣味の話になって「ひとり遊びの方が得意」って言ったら「なんか分かる~!!顔がそんなかんじ」って笑われました。

ええ、この度アトラクションもひとりで乗れてしまいました。

左手にはいつも氷水。



さてさて、珍しく家でDVD観賞。

ポスターで見たことある人多いかも。


映画チラシ 「アメリ」監督 ジャン=ピエール・ジュネ 出演 オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ、ヨランド・モロー、ジャメル・ドゥブーズ映画チラシ 「アメリ」監督 ジャン=ピエール・ジュネ 出演 オドレイ・トトゥ、マチュー・カソヴィッツ、ヨランド・モロー、ジャメル・ドゥブーズ
()
アットワンダー

商品詳細を見る


ジャン=ピエール・ジュネ監督の「アメリ」。

フランス映画らしい、美しく優しい映画でしたよ。

現実世界に馴染めないまま大人になってしまった空想家のアメリが、偶然を装って人々に幸せを運ぶ。
その過程で次第に自らも現実世界に向き合おうと……っていうのがあらすじ。

世間でいう「負け組み」の人たちのささやかな敗北感とか、幸せとか、大げさでなく描写されていて愛しさをかんじます。

グリーンと赤が基調の色使いが薄暗くやわらかく、ときにはっきりと世界を映し出していて。

セックスに関する描写もあって、けっこうシュールでした。

そういうのがちゃんと冗談として通じてるのがこの監督の知性なんでしょうね。ただの下ネタに終わらないところが。



あんまり見すぎるとアメリの世界に引っ張られて日常生活ままならなくなりそうなので、何回もは見れない映画。

自分の後ろ向きな部分を受け入れてくれる作品だから、あんまり見ると過剰にもたれかかっちゃいそうで。

私にとってはね!

家人が皆留守のときに静かに見るのがいいです。

西洋の、風雨に長年晒されつづけなめらかになった石造りの景色が好きです。


文書検定

文書検定の勉強をちまちまと進め中。

1級と2級を一緒にとるつもりです。3級より内容が充実していて面白いです。

内部への通知(3級) → 外部とのやりとり(2級)

外部とのやりとりはしっかりした敬語の使い方とか、専門用語とか出てくるのでやりがいがある。



それにしても参考書がよくない。「試験にどう出るか」みたいなことばっかりかいてあるけど、そんなの過去問解いたら分かるから。大学受験ならともかく。

基本の部分をもっとしっかり系統立ててまとめてくれた方が試験後も使えていいんだけどな。

そしてやっぱり解説が一つもない。

解説はくどいほどするのがいい参考書だと思っているので、ほんと、参考書の意味がない。

むむ。


銀座・新橋・池袋

夜の銀座。

銀座はデパート街ですな。

夜の銀座

外国人も沢山歩いてて、ここは国際都市。なんかそれだけで楽しい。

会期中もいろんな外国の人とおしゃべりともつかないおしゃべりを出来てすっごく興奮しました。

こんなことからも東京はいろんなチャンスが転がってる街だと思った。





池袋駅

池袋

ここも夜が明るい。

新橋も明るかったけど、飲み屋が多くてすれたかんじで怖かったです。

池袋は学生とか遊びに来るかんじ? 大学生が集まってた。



迷子にならないうちに帰ろうと池袋は駅周辺の写真だけ撮って帰ったです。

池袋駅

東京の駅写真をコンプリートするの、企み中。

7.20

早くも日常生活に戻りつつあります。

ロール


夏は煮たくないね、ちゃっちゃと炒めたい。

コトコトと煮て楽しいのは冬!

あと、夏のスープは冷製に限る。




今日は洗濯して、洗濯して、洗濯して、洗濯した一日でした。

下着を洗い、お洒落着を洗い、デニムを洗い、ベッドシーツを洗いましたよ。

出張中コインランドリーにお金をかけたくなかったので、会期の真ん中で一回だけお洒落着もデニムも一緒くたに洗ってて(デニムが白いカーディガンに色移りしなくてよかった(笑))

後半で汚れた服ぜんぶそのまま持ち帰ったのでした。



家でぜーんぶ洗濯したら、ホッとしました。

ベッドシーツはついでに。

お日さまがしっかり乾かしてくれるね。


落ち着いたら、午後には冷たいアールグレイ。

もんじゃ

もんじゃストリート
もんじゃストリート


もんじゃ

もんじゃ



前からもんじゃは絶対にときめく食べ物だと思ってたけど、食べてほんと、心の底からときめきましたよ!

帰りにもう一度食べたかったけど叶わず。

やるな……もんじゃめ!(´∀`*)



店員さんが、「コテを押し付けて、くっついたのを食べるんです」ってアドバイスしてくれた。

もんじゃをジュゥッて鉄板に押し付けたらコテにぺトッてくっつくんですよ~!

ときめき! ときめき!

お好み焼きも基本コテで食べるんですが初心者のために必ず箸がくっついてくるんですよね。

もんじゃは箸が出てこなかったところに文化の違いを感じて感動(笑)



広島風お好み焼きとたしかに雰囲気は似てました。

でも、なんか全然ちがう。

モチモチしてるところとか(たとえがビミョー?/笑)

帰りましたー。

ただいま。

会期中ぶっ通しだったんで、今日はのんびり過ごします。



それにしてもホテル暮らし快適だったです。

家だと本をはじめとして何かと誘惑が多いから気が散っちゃう。

ホテルだと静かだし不要なものが散らばってないから、疲れててもなんだか穏やか。


夕飯は寂しかったけど。


出張中の夕飯↓

出張中のご飯

コ・ン・ビ・ニ弁当。


まぁ~、でも頑張った! 反省点も多いけど。




帰りはお台場観光(*´∀`人)

お台場合衆国


もうね、幼い頃からず~っと行ってみたかったんです、お台場合衆国!

この季節いつも番組でお台場合衆国のこと流れてるけど東京の人ばっかり楽しそうでズルイって思ってて(笑)

会場を走り回ったね。楽しすぎて。



ひとまず。



7.12

フライングで記事の更新!

誰も見てないかもだけど! ホテルの有料PCから

えーと、銀座はファッションの街ってかんじです。きらきら。

昨日月島のもんじゃストリートに行って、ばんびっていうお店で「ベビースター+トマト+チーズ+豚肉」ってのを食べました。念願かなったよ!

今日は仕事の帰り道に池袋。ほんと、地下鉄で行って、駅の外に出て景色確認してすぐホテルに戻った。

文字通り「行って帰った」だけ。

池袋は、日常使いに近い街でした。秋葉原のようにオタクでなく、日本橋のようにビジネスでもない。

電化製品とか薬局とか、ドンキとか。

池袋の駅だけ無性に人の歩く速度が速くてぶつかりまくり。

「東京の人は歩くのが大阪人より速い」という都市伝説を始めて目の当たりにした気分です。

15分したら切れるので早急に送信。

7.10

ついに明日出発です。

3回目ともなると、近所の市街地に遊ぶに行くような感覚よ!

新幹線用のオヤツも準備満タンv

遠足かっての!

じゃがりことー、クッキーと、午後の紅茶。

へいへい!


4時間半、ぶっ通しでオフスプ聴けるぜヒャッホウ!

では、一週間ほど留守にします。

いってきます。

7.8

野外ライブに行って来ましたよ。

知り合いに紹介されて。



レゲエ、ヒップホップ、ボサノヴァってかんじですかね。

ちょっとゆるくてアーティスティックなライブ。

屋台も出てて、おいしそうなものが並んでました。

行きがけにガソリンを満タンにしたら所持金300円になって、タイ風焼き鳥しか食べられなかった。うええ。

お店やってる人が持ち寄った本格屋台だからカレーひとつとってもこだわってておいしそうだったんだよね。




会場に集まった観衆が、みんな服装が同じで(系統の名称が分からないけど)、
「ここはこういう世界観が好きな人の集まり場なんだな」っていうのが感想。

いいとか悪いとかじゃなくて、ね。

そういうのが好きな人たちがいて、需要と供給があって、そういうのを共有する場所。

私はそこの世界の住人じゃないけど、凹凸の穴にスポッとはまれる他の場所がちゃんとあるんだろうなぁ、早く出会いたいなぁって、ぼんやりと、なんか、そう思ました。




個人的にパンクロックにはまってるので正直、ちょっとテンポが物足りなかったかなぁ。

だから、次はパンクロックのライブ行きたい!

行き帰り車の中でオフスプ聴きまくってテンション上がった。



遠出して、リフレッシュできたのか「はやく帰って仕事したい!」

って気持ちになれたので、それが今日の収穫かな。

違う世界を見ることは、いいことだ。

興味のないことには動かない自分から、ちょっと抜け出すのも必要。



いま、録画しておいたNHKの「トラッドジャパン」を見て落ち着いたとこ。

やっぱり、静かな世界の方が好き。



……ていう意味づけをしないと落ち着かないのも性格よね(笑)

自分の考えにこだわりが強いというか。

「あー、楽しかった」だけの感想で終わらせたくないところがね。


7.7

今、オフスプのことばっかり考えてるので、ここでもついつい書いてしまう。

もうね、私の中でハズレの曲がないの。

うひひ(´∀`*)

封印っていったけど、ちょ、ムリっす!

何かしら情報を持ってくるわけじゃないんですけど(「オフスプ」って単語を発したら満足する)騒がせてください。

えーい! (´∀`*)




本も読まずにエンドレスで聴いてる。

出張にも持っていこうっと。





さて、今晩の夕食

冷製トマトパスタ

冷製トマトパスタ

もらいもののバジルを、プチトマトとバルサミコ酢とオリーブオイルで和えてみました。

料理本にのってて、ずっと作ってみたかったんだよね。

目にも眩しい一品。

お知らせ

7.11~一週間ほど出張です。

三回目の東京。


今回は待ち遠しいというよりも心細い気持ち方が大きいですが、行ってきます。

7.4

会社の人に超The Offspring勧めまくってる。

みんなに目の前で聴かせて「あ、でも私これ好きだわ」って言わしめた~。

洋楽に興味ない人にも言わせて満足。


そしたら、詳しい人が同じ系列のいい音楽教えてくれて、こういうのって大事よね!

LINKIN PARK聴いてみたけど、いいけど、やっぱオフスプの方が特別v(人´∀`*)

曲調がアラビアっていうか、エジプトっていうか、よく分かんないけ半音階で特徴的なのさ。



コメ返でもちょっと触れたんですが、

私の独断と偏見で「Can't Repeat」→「Pretty Fly」→「All I Want」の順番で聴いてほしい。

あと、あと、「Self Esteem」(盛り込む)。

You Tube でフツーに聴けます。

PCの場合、PVはそんなにかっこよくないので絶対に画面隠して下さい(どんな注意書き)。

個人的には「Cool To Hate」がエンドレスリピート。


聴いて下さい。っていうか聴け! 聴け! 聴いてくれ! とにかく聴くんだ!

気持ちが伝われ~!!!



さて、オフスプ言いまくって気が済んだのでそろそろ落ち着こうと思います。

記事、オフスプを離れて通常運営。

水面下で聴きまくるけどねv

7.1

ビジネス文書検定3級を受けました。

会場は前回のビジネス電話検定と一緒だったので、チャッと行ってチャッと帰ってきましたよ。



あ、ビジネス電話検定、B級もA級も合格でした☆

イエーイ。


文書検定はどうかな。電話のときと比べてだいぶ勉強してない。

過去問最後まで解ききってない。

問題集の解説が不親切でちょっとモチベーション下がっちゃったんだよね。

答えが載ってるばっかりで解説がひとつもなかったんだよ! 意味ないし!

でも、1級までとります。






The Offspting、朝起きて聴いて、昼聴いて、夜寝る前に聴いてます。

ほあ~(´∀`*)

聴いてると、「幸せっ」てなんか込み上げてくる。

車でも聴いてるv

友人を「ご飯食べに行こうぜ!」って誘ったけどついに返事が返ってこなかった。

あの子ったら、また彼と会ってるのかしら!

私のことも構ってくれや!(´з`)/



その子から明け方、恋の相談メールが入っていました。元気だな、おい。

会社の呑み会で彼が女の子にちょっかい出されてて、嫉妬しちゃうんだって。

やきもきするのが嫌で別れたいなんて口では言ってるけど、そんなわけないことはお見通し。


その子を見てたらさ。

恋って、楽しいし辛いけど、目をそらしちゃダメだなぁって。

破滅しそうなほど好き、な気持ち抑えようとしてるけど、「彼のこと好きじゃない」なんて言ってみても、気持ちに蓋をしてるだけだから。

破滅しそうに好きな気持ちの中で、彼の気持ちをつなぎとめておきたいその努力がいかに真っ当であるかが、その人のその恋愛での得るべき部分なんだと思う。

相手を好きな気持ちはとことん受け入れた方が話が早いんだな、と彼女を見て思った。

惚れた弱みっていうか、好きになった時点で不思議とこちらが付け込まれてる気分になるから認めたくないんだろうけど。

削られて磨きこまれて消耗も激しいけど、磨き上がったらきっとそれはもう、すごく光るだろうな。

友人よ、光れ(笑)



人は恵まれているとある程度一人でも生きていけてしまう。

性的衝動が我々を突き動かし、男女がくっついたり離れたりする。

性的衝動っていう手段を使ってでもなんとか人間同志が惹き合って、ひとりにならないように、何かしら神の計らいがあるじゃないかと思えることがある。

人は、ひとりになってはならない。


恋は罪ではないけれど、人間的成長のないまま性を遊び物にするようなら、いつか痛い目見そう。




あ、いや、私が言うとやっぱり「恋は苦行」な言い回しになってしまう。

真面目だからかねぇ。


偉そうに人の恋愛を語ったけど、あの、私のことは指摘しないでください(笑)


プロフィール

吉良 林檎

Author:吉良 林檎
本と紅茶、料理にお菓子。

こんまり、楽しい日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR