FC2ブログ

ずっこけ

階段から勢いよく降りたら

あまりの勢いに右足と左足のどっちを出したか分からなくなって、

両足を同時に出して転がり落ちました。



上司が「大丈夫?」って声かけてくれたけど目が呆れてた。

おおう、そんな目で見ないで下さい……。

スポンサーサイト



♪

デート??

尾道では住吉花火祭りという大きな花火大会が昨夜あって。

えーと。







人生で初めてデートしてきました。






どした!!! 私どした!!!







デートって言っていいか分かんないけども。




相手は誰かっていうと。



例のSさん。






マジでどした!!! 私どした!!!





まあ事の成り行きをきいてくれ。




尾道ではこの時期お祭りがいっぱい開催されます。

商店街では夜店が毎週出るし、神輿も沢山通って賑やかです。

私はというと覚えたての業務の残業残業で、まともに観に行けなくて。




昨日も「花火観れないまま帰ることになるのかな」っていう状況だったんですけれども。

いつもは早めに切り上げるSさんが偶然居残りしてて。

さらに流れで彼の仕事を手伝うことになって。

たまたま二人きりになって。



ちょびっと会話するわけですよ。

ほんと、とりとめもない話なんですけども。

したらね、Sさんが「せっかくなんで帰りに一緒に花火見ていきませんか」って静かな声で。










「一緒に花火見ていきませんか」ってー!!







「行きます!!!」




きゃはー!!

私、身を乗り出してたと思う(笑)

あまりの勢いに相手ちょっと目を見開いてた、気がする。




尾道の明るい夜道。

私は緊張してるし向こうも人付き合いが得意でないらしくて

お互いたどたどしい会話をしながら海岸沿いを歩きました。

時々降りる沈黙。

花火の弾ける音。


(´∀`*)




帰り道、「まさか声をかけてもらえると思ってなかったから、すごくすごく嬉しかったです」って

素直に伝えました。

告白まではいかないけど。

そしたら、静かに笑って「良かったです」って。




これが「いい思い出」になるか「一回目」になるかは分からないけれども。

東京さ遠いべさ。

自分のこと恋愛対象になるような人間じゃないと思ってるから、

今回のことも軽い誘いだったのかもだけども。


それでもいいの。

包み込む空に

いいこと

ロールプレイングコンテストに出たら予選通過した!

自慢報告。



新入社員なんだから上司に頑張ってるところ見せようと勢いで申し込んだんだけど。

申し込んですぐ後悔したんだけれども。



34人中6人選ばれました。

ひとまずよかった……。

本選も頑張る。

自販機

きんきら

ゴールドのボレロ、下のキャミソールもゴールドのスパンコールで、バッグもゴールド、帽子もゴールドという格好で出勤したら、

「どれか一点に絞りなさいよ!!」

上司に突っ込まれた。




帰りのコンビニでバッグから財布を出そうとしてハッと思いとどまった。

財布が一番ゴールド強い……。あまりにキンキラしてたので店員さんに

「気合入っとんな!!」

って思われたら恥ずかしいかなって……。

今更だけども!!(朝気づけ)



ほ、ほら、夏のせいだよ!!




おしゃれ、楽しいです

ていうか、ゴールドが楽しいです

整理

なにか“いい気分”になりたくて、引き出しの掃整理をすることにしました。

けっこうひどい有様で引き出し閉まらなくなってたからな……。

こういうのって、夜やると集中しちゃうよね。



一時期盛り上がって集めたのに、作りたいの作ったら満足して飽きてしまったマスキングテープ↓

積み木くずし

積んだら足をひっかけて崩した……

すぐ飽きるクセに、私にしてはまぁまぁお金をつぎ込んだ(´ω`)



びしっ

整列

ここまで集めたら全色手に入れたくなるような、ならないような。


ちなみにこれが作りたくてマスキングテープ集めたのー↓

マスキングステンドグラスⅠ

大聖堂ステンドグラス風☆(^^)/

透明下敷きに貼りました。

透明下敷きの下に、コンパスで作成した大聖堂の下書きA4用紙を貼ってつくりました。



自信作なので何度でもアップする!!←見せたがり

多分これで3回目のアップ(どんだけ)

みんな私に賞賛浴びせようぜ!!

あっ、PC閉じんなよ!!

熱中してみたい

今日は支店出勤。


あんまり物事にのめりこまない自分がつまらんです。

とことんはまる人いるよね。

凝り性の人の言動を見つめるのが好きだ。

でも自分の周りであまり見かけない凝り性の人。



凝ったら日常生活がままならなくならない?

そのことばっかり考えるのってしんどくならないのかな

のめりこんだら仕事に行ってる場合じゃなくなりそう。



私はというと、あれもこれもとけっこういろんなことに興味を持つんだけど、

ある程度やり方が分かったら次に移りたくなります。


上級者レベルまでいって飽きればいいのに、中級者レベルで満足するから人に披露できない。

……いや、中級者でもいいほうだな、かじったら飽きるな。


ひとつの事に秀でるよりはオールマイティーな人になりたいってのもあるんだけど。



広く浅くタイプです。

尾道にディズニーパレードが来てたんだと。



知ってたけど、知ってたけど行けなかったよ!!

もちろん仕事で!!



まぁ、そうでなくてもあまりの人の多さに早い時間から封鎖されてたらしいです。

帰宅ラッシュにぶつかったけど、みんな楽しそうだった。



あんまりイベントごとに熱くならないんですが、

旅行だってイベントだって、もっと積極的に出て行かなくちゃね☆って思ってた矢先だったんで、ちぇってかんじです。

8月に入ったらどこか遊びに行こうっと。


大阪の海遊館に行こうかな~。

新幹線でばびゅんと。

日帰りで。



独りで……。

我不眠

ぬおお

一睡も出来なかったー!!


人生二回目の眠れない夜

私には眠れない夜なんて死ぬまで来ないと思ってた

昨夜はウトウトさえもしなかった



寝る前に緑茶ちょびっと飲んだのが効いたのかなぁ(子どもか)



眠れないと、いろいろ考え事しちゃって……ついには泣き出す始末

これからの人生についてとか……なんのために生きてるんだろうとか思っちゃって

この前の眠れない夜もそうじゃなかったっけ!



眠れないことそのものよりも、それに伴っていろいろ考えちゃうのがつらいかもなんて思いました

夜中に明るいこと考えにくいしさぁ



で、今、朝の4時半です

体調はすこぶる良好

眠れなくても、泣いても、夏は元気だなぁ!!!

ベッドに飽きてお腹もすいたので階下に降りて朝ごはんをとることにしました

即席のお味噌汁






具は……お豆腐がいいな(*´∀`*)アハー




ということでご飯よそってきます。

みんさん良い一日を

夏のさぁ

小学生がうろうろしてる。

世は夏休みですなぁ


出勤しようと玄関を出たら向いの家で小学生の女の子がおじいちゃんと畑でキャッキャしてた。



友人に「痩せたね」って言われて昨晩、喜んで鏡をのぞいたら鎖骨の下のあばら骨が出てて「いかに言うても!!」って驚愕した。

横隔膜の方ならまだしも……。


顔から太り胸から痩せるの典型です。

き、気にしないぞぉ

すでにひと夏の思い出が

はふん


夏はいいですなぁ

暑くてもなんか嬉しいっていう

今年も「自称夏オンナ」を守ってみせるー! (でも自称)



Sさん東京行くって。

東京で仕事探すんですって。


Sさんへの恋心は冷めたっていってたけど、あいかわらずたたずまいはかっこよく、毎日こっそり眺めてたのさ。

それを例の幹事上司に報告したら(すんなよ)

「それって冷めたっていわないわよ! 冷める時はホント、0なんだから!」

て言われました。

そうなの?

付き合うのはないと思ってたけど(向こうもその気がないだろうけど)


でも遠くを見つめてる風だったのは、東京を見ていたのか……。

この夏、彼は……私のこころにほんの少しのときめきとダメージを与えて去っていきました……みたいな。



やっぱ、ちょっと盛り上がってたんだね。

本当の本当に恋(?)の終わりだー


これから何をみてときめけばいいのさ!!(仕事しろよ)


私は明日からさらに人間に磨きをかけます。

グスグス

独りで立つ的な

自立したいです。



精神面は、学生の頃に比べだいぶ達成出来てるんじゃないかと。

まだまだ甘ちゃんで世間知らずだけど。

感傷的なのはこれからもどこかに残ると思うけど。

でも、いい意味で、少し鈍感になれたかな。



人に悪口いわれてもあまり怖くなくなったし、

開き直れるようになったし。

他人の態度に自分で勝手にイジけることはあるけど、実際に他人にキツイこと言われても、逃げなくなった。




あと、「誰にも頼らず自分で出来るようになろう」って、なんでも一人でするのが自立だと思っていたのだけれど、

「人に頼る」って大事なんだなってことが分かった。

委ねるっていうか、甘えるっていうか。






で、次!

経済的に自立して親元から離れたいです。

うん、親元から離れたい。

一人暮らし!



でもって、経済的自立、これが一番……。

学生時代も怖がってバイトとか積極的に出来ない子だったから、ほんとこれから頑張らなきゃなんだけれども。



上で言ってた「精神的自立」って、寂しがりやで傷つきやすい私が「一匹狼になっても平気」っていうかんじのことだから、

そうじゃなくて、今度はもっと主張して結果の出せる、お金もちゃんと稼げる本当の自立になりたい。

他人にとって魅力的な、営業マンみたいな人間関係のうまさがほしい。


まずは、交渉力のある人になりたい。

暮らす

一人暮らしをしたいのだけれど、「女の子の一人暮らしは危ない」って親に止められてるので、

弟の寮に遊びにいったときに「来年からお姉ちゃんと二人暮らししない?」って持ちかけてみた。

悪くない反応。



弟は、2年生まで寮生活を親から許されていて、ゆえに来年からは自宅通いになるという。

弟と一緒なら「家を出てもいいよ」って親も言ってくれてる。

「授業数少ないのに家から2時間かけて通うってしんどいよ~」って言っといたから、けっこう二人暮らしに傾いているんじゃないかと。

ゼミで授業一コマしかないのに、往復で最低3時間以上かかるってヒ~ッってなるよ! マジで



私はというと本店勤務が増えるので、残業になっても帰宅時間を心配しなくていいようになりたいなって。

22時帰宅とか自分は平気でも、親が心配するんだよね。

迎えに来たがるから申し訳なくって。 もう、いい社会人だし。



いっそ仕事場に近いところにマンションかりたいんだけど、家賃とかどうかな。

弟と半分ずつ出すとして、弟バイトするの必須だし(今はしてない)。


家事も分担することになるだろうし、お互い友人知人を招くことになるだろうし。

いくら血がつながっているとはいえお異性だから、お互い気を使うことが出てくるだろうな。

弟の卒業後はどうするかとかもある。

そんなことより私はインテリアに好き勝手に凝りたい。


さてはて、来年の今ごろ本当に家を出ているのかしら。


green.jpg

試したね、僕を

ずるいね、君は

water.jpg

ふひー

水がうまい


夏バテ防止にスポーツ飲料も飲んでます ガフガフ



生きるってなんだろう

の、答えがみつからない

お仕事

連日の残業。

だいぶ仕事も覚えて戦力になってきたから、うっれしい。

今日は商品量最多だったのにほとんどノーミスで、さくさく終わらせられて良かった。

明日は久しぶりの支店勤務。

みんな私のこと覚えてくれてるかな(覚えてるよ)

風

駆け足でどこへいくの

「また会おう」

風はいってしまったね

blur.jpg


無感動な僕を許して

その後

実況中継。

両親、ここぞとばかり日ごろの鬱積をぶつけてる。

お互い正論なんだけど、それぞれ微妙にみているところが違うから噛みあってない。



笑ける。

これで両親のことを嫌いになったりしないけど、

軽く消息を絶ちたい

町屋的ドメスティック

家庭内で喧嘩勃発。


両親の夫婦喧嘩なんて久しぶりだわ。

母が吐き出すのはちょいちょい見てるけど、父親が怒鳴り声あげるの、ほんと久しぶりに聞いた。

びっくりした。


母も机バーン!!!って叩くし、ちょっとね、こっちが縮こまるほど。


でも、こんな状況下で、むしろ最近の両親の夫婦仲の良さが際立ったかな。

小学校のときなんてこんなの毎夜だったな~って。

怒鳴りあいの喧嘩は、結構何年ぶりだったかも。

いつの間に仲良くなってたんだろ。

お買い物

買い物買い物。


アパレル業界はサマーセール中。

きっともう少し待てばもっと安くなるのだろうけれど、そんなことは言っていられないの。

街へ繰り出すのよ。



で、一日中みて回って袋がぱんぱんになるほどお洋服ゲットしてきました。

服8着と、トレンカ4足。

服の内訳:キャミソール3枚(スパンコール刺繍つきの黄緑、ショッキングピンク、ラメ入り赤)
     カーディガン2枚(オレンジ、ゴールドラメ)
     パーカー1枚(パンクチックな黒)
     シャツ2枚(刺繍入り白いコットン、レースとリボンつきの茶)
   
系統バラバラだけど、ちゃんと他のと合うよう店員さんに考えてもらったのでOKよ


ちょっと不安になるぐらいいっぱいお金使っちゃったけど(^^;)

機会があったらまた画像アップします☆


おチビさん

近所でお祭りがあったので、チビちゃんたちと神輿みてきました。

従兄弟の子。


姪っ子とは違うので、「りんごちゃん」って呼ばせづらい。

ほら、ママの目がねぇ。

「おねえちゃん」って袖つかまれると頬がゆるむと同時に口惜しいわ。



主に集まる場所は近くの祖父の家なので、うちに来ることはないのだけれど、もっと絵本を用意しておかなくちゃと思った次第。

ママのおなかに3人目がいて、夏にチビちゃんたちが来るかもしれないから。

来てくれるといいなぁ。 

上が4歳、下が2歳。

祖父の家にはよく遊びにいっているらしいので、まずはそっちに選りすぐった絵本置いておかなくちゃ。


ただいま

1時間の残業。
残業ってほどでもないのかな。


ちょっと本屋で立ち読みしてるあいだに、電車が落石事故で運休。

ので、代行バスで帰宅。


バスの薄暗い明かりの中から夜の街をみるのは、なかなか良かったよ。

泳

ぷはーーーーー!!!

星に願いを

七夕か~

七夕って行事としての存在感薄くない?



よく考えたら、真面目に行事してたのって保育所のときぐらい。

小学生の頃給食に「七夕ゼリー」って星型の飾りの入ったゼリーが出るのが嬉しかったけど。

もう何年も短冊にお願い事書いてないわ。



商店街ではイベントとして短冊を飾っているのだけれど、それはそれは豪華でちょっとびっくりするくらい。

保育所という保育所が短冊吊るしてるし、小学校という小学校が短冊吊るしてるし、

お店の前でも短冊が用意してあるので面白半分で学生や大人も吊るしてるみたいだし。

みんな欲張りだなぁ。ははははは。(←何かを敵に回した)


お願い事の内容といえば「○○君と付き合えますようにv」とか、「ぷ●きゅあになりたい」とか、「お金がほしい」とかそういうのがほとんどなんですけど、強烈だったのは




「次男に嫁が来ますように」







おかあさん、切実すぎるよ……



そんな私も親がせっせと見合いの釣り書きを用意していて薄気味悪いです。



あと、Sさんに対する恋心は冷めました。

というのも、



「私、Sさんのどこが好きなんだろう


………





顔?





っていう衝撃の事実。

よくよく考えたら、好きなところが顔しか思い浮かばなかったっていう。

ただ彼の見てくれが好きだっただけなのかと分かったらどうでもよくなっちゃった。


会社の人に挨拶せずに帰っちゃうし。

何も言わずスーッと帰っていく姿を見るとともに私の心もスーッと冷めた。



ということで、本当に恋バナは封印です。

まぁ、みんなも私に恋バナなんて求めてなかったでしょうけども!!



それにしても一瞬にしろ燃えた恋心も終わると淋しい。

靴と暇人

お靴


学校がないと、案外暇なんだなぁ


ゴールドラメの靴がお気に入りで履く機会をうかがっているのだけれど、あいにく上にあわせる服を持ち合わせていないので保留中。

早く履きたくてうずうず!


この靴に合う服ってどんなのだろぉ



簿記の勉強、再開しようと思います。そろそろ。

暇を持て余してます。

「なにしよ~。なんもしたくな~い」

で、ごろごろ。

夜の時間を有意義に使わなくちゃ。

ぴよぴよ

逕サ蜒・099_convert_20110630090952

何も書くことがございませんな


私は一体何をして過ごしてるのかなぁ





んー、


「生きるってなんだろう」って考えてるかな



思春期か!

もしくは「笑うイヌ」のテリーとドリーか! (←分かる? 「生きてるってな・ん・だ・ろぉ~」っていう)




なんか、ほんと「生きるってなんだろう」って思う。


何にもしがみつかなければ楽なのに。



同じものを選択しても得るものって人によってそれぞれ違うんじゃないかなって。

選択肢との相性ってあるんじゃないかって。





うちの家は宗教の関係で「親の言うとおりの人生を生きろ」みたいなことを結構言われてて。

で、この前、「お前が結婚後にも困らないようにこれこれを準備したから、それを使ってこうしたらいいよ」って言われたんですけど、




現実問題ありがたいことなんですけど、なんか、「じゃあ、私はいつ自立するの?」って思っちゃって。

「結婚後も干渉するつもりかよ」とか、「私がほしいのはそれじゃないのにな~」って。


親心だし、感謝してるんですが、転ばないよう親が先に先に準備していくんで、
「自分で作り上げていく喜びは?」とか、ちらっと思っちゃうんですよね。



頑張れば親の言うとおりに出来るけどそうすると窮屈になってきて、「じゃ、私が生きてる意味ってなんなのさ」って思っちゃって。


うちの親は「転んでも立ち上がれる人生」でなく「そもそも転ばない人生」を私に求めるので、ときどき「う~んう~ん(◎ω◎;)」って苦しくなることも。



愛情的には淋しくてもお金や名誉を得られる人生がある。

し、温かい家庭を築く人もいる。

全部手に入れている人もいる。


無茶して見えても最終的に幸せを手にいれる人もいれば、我慢のあげく報われないまま泣き言で人生を閉じる人もいる。常識的に生きても孤独死する人もいるし。

だったら好きに生きたほうが「やったもん勝ち」になるのかな、なんて。



何が幸せかなぁ、ってさ。

結婚後も干渉されそうだなぁ(しないって言ってるけど)。

自分で痛い目に会いながらも実感のある人生というのを歩みたいけど。

強力なブレーキ。




親の気持ちも分かるけど、ときどきすごく窮屈。

もっといろんなことをやってみたいなぁって、パッと飛び出たくなる衝動。

籠の中の鳥のような気持ちになることがあるんだけど。


まぁ、こんなことも「ま、飛び出す人がいる中で飛び出さないのが君だからね」って言われちゃうんで、私も私なんですけども。



女子の休日

お休みの日

コインランドリーで布団とスニーカー洗って、図書館に本を返して、薬局行って、夕飯の買い物してきました。

主婦みたい。



頼んでいたお洋服がきたので、近所のおねいさんに見てもらってコーディネートの仕方を教えてもらいました。

スカート履く文化なんて私にはありませんでしたけど、今年の夏から女子力向上委員会なので気合いれていきます。


プロフィール

吉良 林檎

Author:吉良 林檎
本と紅茶、料理にお菓子。

こんまり、楽しい日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR