FC2ブログ

ハロウィン

ハロウィンでしたね

バイトだったせか、あんまりハロウィンらしくなかったなあ(´`)
みんな・・・普通にお洒落すぎるよ!(駅構内ショッピングモール)

大学はさぞ盛り上がっていたに違いありません
他の大学はどうなのか知りませんが、我が大学ではハロウィンに多数の人が仮装して参加するのでとても面白いです。
なんか、ぐるぐるトイレットペーパー巻きつけたミイラもどきとか(本物の包帯が用意できなくてトイレットペーパーをつかうというのは知恵です! 若干ちぎれてても・・・!)
ドラキュラとか(タキシード仮面ぽかったけど)
猫耳ねこしっぽの黒猫さんや魔女っこがやたら多いけど悶絶かわいい
あとはパンクメイクの人とか急増する。
教授たちはお菓子をせびられる

いちど宝塚メイクのおねいさん集団とかいたけど・・・・・・今思うと全然ハロウィンにちなんでないな。でもものすごく感動した。

わたしはというと、一年生のときカボチャ帽子かぶるというのにとどまりました(慎ましやかすぎる)
魔女子やってみたいです
スポンサーサイト



水木しげる

生まれたときから「妖怪」だった (講談社プラスアルファ文庫)生まれたときから「妖怪」だった (講談社プラスアルファ文庫)
(2005/07/21)
水木 しげる

商品詳細を見る


読みました~

好きだった水木さんの言葉↓

「愛?
 そんなもんは知らん。明治以後、ドッと日本に押し寄せたキリスト教西欧文
 化のひとつにすぎない。」(p66)


「愛」という言葉をきくたびに違和感を感じていたので、この文章を読んで嬉しくなりました。

歌詞なんかでもあんまりにも多用されてしまって、ただのモチーフに成り下がっているような。
「愛してる」というだけで全てが許されそうな風潮がなんかイヤだ。

ペイって簡単に上の言葉を言えるのがカッコいい。

厚着

木枯らし一号が吹いたとか吹かないとか

今年は厚着で冬を乗り越える宣言をした私( ̄ー ̄)b゜・゜
早速、靴下オン靴下、パーカー オン パーカーやってます

ぱねェぱねェ
まじ、ぱねェわ(あまりの興奮にテンションがおかしくなってます)

暖房機いらずですわよ、奥さん!
寒くないよヨーロレイヒー

足が冷えない
というか、「え? なに? ここ本当は寒いの? うっそー」って感じ!

ひと冬乗り越えるかも知れん・・・・・・(ゴクリ)

ガチャポーン

エイリアン

エイリアン

「ちゃっす」

こんにちはさようなら

ぐるりぐるり

隣のサラリーマンも

お入り

10時頃の電車はお酒くさい

みんなほろ酔いでウトウトしてる

お疲れ様です

貯金

本棚を買うために「本棚貯金」はじめました
文庫とマンガが一緒になってるので、文庫専用とマンガ専用に分けるつもり

目標金額¥25,000

楽しく貯金するために表を作りましたよ
番号を振ったマス目が213あります
貯金箱に入れた金額と同じ数字をぬるのです☆
たとえば10円入れたらマス目の10をぬりぬり(´∀`*)

213のマスを全てぬり終わったら25,000(ちょっと越え)たまっているという素敵な仕組みになっています(^^)

今ねー、36円貯まった!

本棚

本棚Ⅱ

けっこういっぱいになってきた

一緒に住もう

ぴょいん

玄関の扉の上のほうで、もぞもぞしてました

この後ペッてタイルにダイブしてたカエル殿

きんぎょ 

恐怖

金魚を模写したら・・・・・・


KOEEEEEE

これも

マシュマロと白玉

マッシュマロと白玉

完成形

ワンホールショートケーキ

そしてこうなります

全部紙粘土です

ヤンチャすぎて

びっしり

散らばってる生クリームもどき

机の上で戯れる、の巻き

生クリーム・オン・ザ・箪笥

くり~む

タンスの上に生クリームですって!?

紙粘土だよ~ん

(それが言いたかった)

あ蝶ー

蝶々

冬に向けて温かい靴下がほしい
モコモコの

コスモス

コスモ ス

そういえば、今年初めてコスモスを見たような気が

秋にコスモスを見ると落ち着きますな

「秋が来たー」って

声帯

慎ましやかな性格がそのまま表れてか、わたくし、あまり声が大きくないのですね

学芸会でも声が張れなくて役者からナレーター(マイクつき)に代えさせられたことがあるという orz
グラウンドで発声練習させられて、「まだまだ聞こえんぞ!」とか言われたけど

せんせい、これ以上大声出すと喉から血がでます!(゜∀゜)


バイト先が人通りの多い賑やかな場所なので、どうにかしたいです

熱く

洋画で、恋人を抱きしめ泣きながら彼女の名を絶叫するシーンが。


だから私はそこまで熱く人を愛せないっての(゜Д゜)!!!


もうね、叫ぶくらいならその恋から身を引くね

毎日神様にお願いしてます
「うっかり恋なんてしませんように」って

騒がしい
どうして静かにしていられないんだろう
そんなに言いたいですか
本当に必要なのですか
今すぐ言わなければならないことですか
本当に今言わなければならないことですか

心の底を覗いてみると
渦巻いているようでいて
そこには何もない
ありもしないのもので
見せ掛けだけで
幻だけで
世界を成り立たせることもできる

虚構の世界と多大な嘘に侵食され
言ったあなたが追い詰めらるといい



******

話すことがないなら黙ってればいいのに
少しのあいだ静かにしてほしい
人が無駄なおしゃべりをやめたとき、どれだけ長く沈黙し続けられるだろう



さきほどネタがないことをネタにした人間がお送りいたしました(←話すことがないなら黙ってろって言ったのはどこのどいつだ)

最高に疲弊したときとかさ、そっとしててほしいじゃない
正論を吐いているように見せかけて他人の悪口言っている人たちを遠巻きにしたいじゃない
その場限りの取り繕いや、こじつけのコメントなんて、うんざりするじゃない
ゴシップたれこまれると、ブラウン管の向こうで活躍する人たちに同情したくもなるじゃない
無駄に不安をあおるニュースなんて消したくなるじゃない

もしくは論にねじ伏せられてもいいので、そのかわり無口さを許してほしい

君のそばに

小学校のころよく歌わされた歌の中に

「♪もしも君が傷ついてくじけそうになったら、必ず私がそばに居てあなたの肩を支えてあげるからね」
っていう内容のがあったのね

その歌を歌うたびに思ってたんだけど、







じゃあ来い、今日来い、今すぐ来い!!!(゜Д゜)クワッ


相当愛に飢えていたようだ(´ω`)
いや、決してひねくれてたわけじゃなく

ネタがない

バイトに明け暮れる日々

ゆえに何もかくことがない

え?わざわざ言うなって?


ネタにないことをネタにするんだよう

そこに山があるから

「なぜ、あなたはエベレストを目指すのか」
と問われて
「そこに山があるから」
と答えたという有名な問答(?)があるじゃない?

それ聞いていつも思うんだけどさ~


「じゃあ、なぜ、そこに山があると登ることになるんですか」

って、つっこめばよかったのに(笑)(´ω`)

きかれた方も「あ、ああ」ってタジタジしながら答えてくれたと思わない?

卒論を書かなければだわ

友達をカラオケに誘ってる場合じゃないわ(しかもオール)

魚も水底に眠るような
月のない夜
私たちは出会った

なにぶん暗闇だったので
それがあなただったか

どんぶりがコツです

鍋を牛乳で満たしまして
紅茶のティーバックふたつを放り込みます
ひと煮立ちしたら角砂糖3つ

どんぶりにそそいでミルクティーの出来上がり



自分の中で密やかなミルクティーブームが来つつある。
どんぶりだとたっぷり飲めるよ!
カフェイン体に合わないから、あとで悶絶することになるんだが。

反社会主義

魂を穢せ

嘘をつき通せ

真実は決して吐くな

それでいて高らかに笑ってろ

悲壮感

夜会

理由もなく悲しくなることがある。

そういう感情は嫌いではないけれど。

マーケティング

来年から晴れて社会人になるので、マーケティングの勉強をしようと入門書を読んでいるのだけれど・・・・・・

殴ってやるから頬を出せ!!

もっと分かりやすく言ってくれ
専門語が分からん

江國香織

すいかの匂い (新潮文庫)すいかの匂い (新潮文庫)
(2000/06)
江國 香織

商品詳細を見る


密やかな空気がひたひたと漂っている。

北村薫

読書の記事を書いたら「林檎の図書館」というカテゴリに分類できるようにしてる。
のに、まったくもって本の感想を書かないために分類されたのが半年で8件という少なさ。
書くぞ! 今!

ということで、北村薫「覆面作家」三部作です。
北村薫という作家を知りながら、中学生のとき「スキップ」で挫折。
それ以来なんとなく気になりつつ、北村薫作品を手に取ることがなかったのです。
ついに表紙のイラストに惹かれて買ってしまいました。
ちなみにイラストは高野文子(『るきさん』が好きで手元にある)。

覆面作家は二人いる (角川文庫)覆面作家は二人いる (角川文庫)
(1997/11)
北村 薫

商品詳細を見る



覆面作家の愛の歌 (角川文庫)覆面作家の愛の歌 (角川文庫)
(1998/05)
北村 薫

商品詳細を見る




覆面作家の夢の家 (角川文庫)覆面作家の夢の家 (角川文庫)
(1999/10)
北村 薫

商品詳細を見る


読み名がら「このシリーズ、好きだ」と思いました。
登場人物の会話が面白いです。クスッと笑えます。彼らのやり取りから作者の人の良さが垣間見えました。
分類するなら多分本格ミステリ?かな。
笑いあり、格闘ありな、優しい空気の流れる作品です。
一番最後、尾道が舞台の作品があって萌えました(身内贔屓だよそうだよ)。

北村薫氏の作品がチェックの対象に入りましたよ!
うおう、また古本屋でバカスカ買ってしまいそうだ。
プロフィール

吉良 林檎

Author:吉良 林檎
本と紅茶、料理にお菓子。

こんまり、楽しい日々。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR